狸谷山不動院
高いご祈祷を無料で受ける方法。毎月3日、16日、28日は狸谷山不動院にいってみよう (2011/9/28)
京都の「鬼門」を守り、自動車のお守り、ガン封じで有名な「狸谷山不動院」という山寺では毎月3日、16日、28日、朝7時、午前11時の2回、僧侶が「お不動さんの日」と称して、本堂で本格的なお経を唱え、炎を上げる護摩供養を行います。
参加すると普段入れない不動明王に参加者が間近に参拝もできるのです。しかも参加費は無料です。旅行日がこの日に当たるなら絶対いきましょう。得した気分になるのと京都を長年守ってきたすさまじいパワーをもらえます(マジ)。

まず、どのお寺でもつい遠慮してしまうけど、すかさず、このお経を絶対座る前に手にとりましょう。これがないと、ぼーっと見ているだけになります。

朝7時は早いように思えるけど、実はおじいさん、おばあさんが早起きなので朝のほうが参拝客が多かったりします。

「ドン」「ドン」という力強い太鼓が打ち鳴らされます。ほら貝を吹きながら僧らが入場。大師様が中央で不動明王を前に護摩をたきます。すさまじい炎が燃え盛ります。よく考えてください。普通なら何千円、何万円する祈祷が無料で受けられるのです。そして僧とともに、お経を大声で唱える爽快感。カップルでも楽しいよ。

般若神経なども読みます。終わると、前の不動明王様に直接お参りできます。もちろん僧侶の気合のはいった、厄払いも受けます。これで無料だなんてびっくり! 帰りは境内でおみくじひくなり、お参りしてお賽銭するなり、ちょっとはお金奉納しましょうね!
【注意】叡山電鉄「一乗寺駅」から徒歩30分はかかります。タクシーで「阪神タイガースまで」といって、門前まで一気にいったほうが、いいかもしれません。とにかくここを歩いて行けたら、京都のどこの山寺も楽勝だと思えるでしょう。
お寺の裏メニュー (2011/9/21)
京都の「鬼門」を守り、自動車のお守り、ガン封じで有名な「狸谷山不動院」では、暑い日に【気まぐれで】おいしいアイスコーヒーを出してくれます。

いつもは自動販売機のジュースだけなんで、ここまで汗かいて登ってきたら感激ものだよね。おみくじ引いたら大吉だ!やったー!

これが、マニアックにうまいのだ。コーヒーもさることながら、氷がなんとアイスコーヒーで作られている。だから溶けても薄まらない。ここのお坊さんコーヒーマニアなのかな?

名物たぬきみくじ。大吉でもきついこと言われてしまう。ははっ!お礼参りいそしみます。でもよく当たるんだこれが。さすが表鬼門、不動明王、修行僧のお寺です。

戻る